壁ドン速報 (http://todayishappy.2chblog.jp/)

ニュース速報や面白い記事を主にまとめていきます。

    http://todayishappy.2chblog.jp/

    経済

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    もとすれ
    1: アメリカンショートヘア(SB-iPhone) [ニダ] 2019/09/07(土) 15:39:00.22 ID:wbogQYg/0● BE:659060378-2BP(8000)
    sssp://img.5ch.net/ico/jisakujien_5.gif
    現在、何が投資家たちを怯えさせているのか?
    といえば、もちろんドイツ銀行CDS問題である。

    なぜ破綻が避けられないかというと、
    ドイツ銀行が抱えるCDS(債権補償保険=デリバティブ)債務の総額が、
    8000兆円規模で、世界の実体経済総額に匹敵するからであり、
    この補償保険を完済できる可能性がゼロだからである。
    景気凋落による企業破綻が連鎖すると、
    それを保証しているCDS債務が、軽く、地球経済の総額を超えてしまう。

    おまけに、CDS債権保障をしているのは、ドイツ銀行だけでなく、
    世界中の低金利政策に苦しむ数万の銀行が行っている。
    これらが一斉に破綻する可能性が強いのだ。

    画像
    no title


    本当に必要な価値は、
    「食べるもの、飲む水、そしてシェルター」
    だけである。

    物資の流通は、何度も繰り返してきたように、
    オークションや現物交換取引しかなくなってしまう。
    為替が不可能になるからだ。
    つまり、人類史上最悪の試練が訪れると
    私は、これまでも繰り返し書いてきた。

    このとき、人間社会の真実の価値が、
    初めて人々に空気や水のように認識されることになる。
    それは「助け合う仲間」だ。
    人に与えたものが自分に与えられる「因果応報」の世界がやってくる。

    まず、交換価値である通貨がゴミになる。
    輸出入が途絶えて、自給自足でないと食物を得られなくなる。
    自給自足のためにはダーチャが必要だ。
    ただ、日本には豊富な表流水資源があるので、これだけでも本当に恵まれている。
    仲間=友人 人間関係だけが、自分たちを救ってくれる。
    こうした人間社会の原点から、再出発させられる運命なのだ。

    画像
    no title

    【ドイツ銀行がもうすぐ破綻8000兆円の損害 世界の通貨が使えなくなる 食料 水 家を確保せよ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    もとすれ
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2019/08/18(日) 13:00:09.53 ID:CAP_USER
    2019/08/18 11:27 編集部

    8月14日、韓国の手作りビール専門メーカー、アメイジングブリューイングカンパニーは光復節を迎えると共に特別なイベントを行った。
    アメイジングブリューイングカンパニーは家にある日本のビールを持ってくると、新鮮な手作りビールと交換してくれるという企画を行う。

    「新鮮な国内産(韓国産)ビールを飲もう」と書かれたこのイベントは14日から16日までの3日間開催された。

    この企画はアメイジングブリューイングカンパニーの店舗である聖水店、建大店、蚕室店で行われた。イベントは売り場を利用する客を対象に行われ、1人1缶限定となっている。
    https://gogotsu.com/archives/53313

    【韓国で日本産ビールと韓国産ビールを交換するサービスが開始 2019/08/18 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    もとすれ


    注:この記事は短時間読み切りスタイルです(速報やまだ世に出ていないニュース、興味深いがスレが伸びない記事を紹介しております)

    1: 朝一から閉店までφ ★ 2019/05/11(土) 20:47:41.68 ID:CAP_USER
    2019/05/11 20:00


    「必ず儲かる」借金し契約 マルチ商法、20代相談突出
    https://www.asahi.com/articles/ASM4K53V5M4KUTNB009.html

    記事によると

    ・「必ずもうかる」という言葉につられ、逆にお金をだまし取られた――。そんなマルチ商法(連鎖販売取引)に関する20代の相談が突出している。

    ・2022年には成人年齢が18歳になり、借り入れ契約などを自由に結べる人が増える。被害の拡大を危ぶむ声もある。

    ・近年は大学内で勧誘されるケースも相次いでいる。
     
    ・勧誘された人が新たな買い手を誘い込むことでマージンが稼げるマルチ商法。それに関する相談が国民生活センターに例年、全国で1万件前後ある。18年度は9759件で、年代別の最多は4割を占める20代だ。

    ・消費者問題に詳しい貞松宏輔弁護士(埼玉弁護士会)は「悪徳業者は成人になったばかりの人たちを積極的にターゲットにしている」と指摘する。社会経験や知識が乏しい一方、借り入れやローン契約で使えるお金が一気に増え、親の同意なしで契約ができるようになることが影響しているという。
     

     

    この記事への反応
    http://blog.esuteru.com/archives/9312491.html

    【【悲報】マルチ商法に引っかかる20代激増 「必ず儲かる」わけねーだろ・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ