壁ドン速報 (http://todayishappy.2chblog.jp/)

ニュース速報や面白い記事を主にまとめていきます。

    http://todayishappy.2chblog.jp/

    ビジネス

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    もとすれ
    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/09/05(木) 13:34:30.78 ID:CAP_USER
    日産自動車の西川広人社長兼最高経営責任者(CEO)ら複数の役員経験者が株価に連動する役員報酬制度について、社内規定に違反してかさ上げされた金額を受け取った疑いがあることが5日分かった。西川社長は同日朝、報道陣に「私を含めて複数人が事務局に任せて運用していた」とし、かさ上げ分は返還する方針を示した。日産は近く西川社長らの処分を含めた対応を決める。

    日産が4日に開いた監査委員会で報告された社内調査の結果で判明した。

    問題視されているのは「ストック・アプリシエーション権」(SAR)と呼ばれる株価連動型インセンティブ受領権だ。2013年5月に報酬を受け取る権利の行使日を確定させたが日産の株価が上昇していたため西川社長は行使日を遅らせるように指示し、数千万円多く不正に報酬を得た疑惑が出ていた。

    18年11月に元会長のカルロス・ゴーン被告と共に逮捕された元代表取締役、グレッグ・ケリー被告が雑誌の取材で指摘して疑惑が浮上した。

    西川社長は5日朝、報道陣の取材に報酬制度の運用に問題があったとの認識を示した。そのうえで「(元日産代表取締役の)グレッグ・ケリー被告ら事務局に一任していた」と指摘。問題の報酬制度は「ゴーン体制時代の仕組み」とし、「仕組みそのものの見直しが必要だ。ご心配かけて申し訳ない」と述べた。

    そのうえで「本来の手続きの場合とは(報酬額に)差がある。しかるべき金額は会社に返納するつもり」と語った。

    西川社長はゴーン被告による有価証券報告書への虚偽記載や、会社資金を私的な理由で外部に拠出した「日産私物化」の実態を厳しく批判してきた。それだけに西川社長自身の疑惑に対する説明責任も問われそうだ。

    2019/9/5 10:44
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49435020V00C19A9MM0000/

    【【企業】日産社長らが社内規定違反か 役員報酬を多く受領 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    もとすれ



    1: 田杉山脈 ★ 2019/09/04(水) 23:09:06.16 ID:CAP_USER
    10月の消費増税を機に物流や鉄道業界で価格戦略を見直す動きが出てきた。ヤマトホールディングス(HD)は4日、宅配便の個人向け新料金を発表し、現金払いを実質値上げしてキャッシュレスで決済すれば割引が受けられる荷物持ち込みサービスへの移行を促す。経営難のJR北海道は23年ぶりの値上げで収支改善につなげる。集客を左右する価格戦略を見直し収益力を高める。

    ヤマトHDは現金払いとキャッシュレス決済の2つの…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49427560U9A900C1TJ2000/

    【【宅配】ヤマト、宅配便現金払い値上げ 割安なキャッシュレス促す 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    もとすれ
    1: 田杉山脈 ★ 2019/09/04(水) 20:10:53.55 ID:CAP_USER
    米アップルはスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の価格を抑えた新製品を2020年春にも発売することが4日、明らかになった。有機ELよりも安価な液晶パネルを使い、最新機種より画面を小さくする。アップルが得意としてきた高級機種は中国経済の減速などで販売が落ち込んでいる。廉価版を投入し、韓国のサムスン電子や中国の華為技術(ファーウェイ)などの商品に対抗する。

    複数の関係者が日本経済新聞の取材…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49400020U9A900C1MM8000/

    【【スマホ】iPhone廉価版(4.7インチ)、20年春にも発売へ。日経スクープ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    もとすれ
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2019/08/22(木) 06:32:41.49 ID:CAP_USER
    2019年08月21日

    週刊SPA!編集部

     消費増税、東京オリンピック後の不動産バブル崩壊、歯止めの利かない少子高齢化……。そんな暗澹たる未来が予想される日本。母国を離れ、海外に住む海外在留邦人数は年々増え続け、現在は135万人以上に上る。彼らはなぜ海外移住したのか? その本音に迫る。




    給料が低くて休みも少ない。今の日本は“オワコン”状態

    「日本はオワコン」  

    そう語るのは自ら日本での暮らしを捨てた“ひろゆき”こと西村博之氏だ。過剰労働への違和感や消費増税、東京オリンピック後の展望など、理由はさまざまだが、西村氏と同じように海外移住を選ぶ日本人は年々増えている。
    「5歳上ぐらいの先輩の給料が5年後のあなたの給料だとして、それでよければ日本で暮らすのもいいんじゃないですかね? 海外から日本の経済や政治状況を見ると、給料が低いのに休みは少ない。少子化などにしても劇的な変化がなければ何も変わらないのに、社会全体が些細なことで揉めているので大変だなぁと思います」  
    そう語る西村氏は’15年にフランス・パリへと移住。パリでの暮らしの満足度は「80点」だそうで、仕事や生活面でのメリットを次のように語る。 「仕事に関しては会議や打ち合わせが減って、ゆったり引きこもれるようになりました。強いて言うなら、打ち合わせややりとりが日本時間なのか現地時間なのか間違えたり、早起きするのが面倒な程度。
    パリは山手線の内側ぐらいのサイズなので、どこも自転車の行動範囲。満員電車にも乗らずに済みます。食事に関しても、素材自体がおいしいので、東京でそこらへんのレストランで食べるよりは、パリのスーパーで買ってきて食べたほうがおいしいと思っています」

     ご飯がおいしいし、通勤がラク……。そんな理由でと思うかもしれないが、これぐらい思い切ってモノを考えられる人でないと、海外移住は難しいのかもしれない。
    「以前もアメリカで暮らしていたことがありますし、日本に居続けなければならないと思ったことがないんですよね。ハードルの高さを感じるという人は、言語と前例のないことへの苦手意識があるんじゃないですか? 僕は言葉が通じなくてもなんとかするスキルが上がりすぎたせいで、そんなに困ったことがなかったりします」
    https://nikkan-spa.jp/1598170?cx_clicks_art_mdl=4_title

    次のページ
    パリ暮らしのデメリット
    https://nikkan-spa.jp/1598170?page=2

    【ひろゆきが海外移住を選んだワケ「日本はオワコン」 2019/08/21 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    もとすれ
    1: ムヒタ ★ 2019/09/02(月) 09:41:40.64 ID:CAP_USER
     Microsoftによる「Windows 7」向けパッチの無償提供の終了まで5カ月弱しかないにもかかわらず、依然として膨大な数のPCでWindows 7が利用されており、修正されない可能性が高い新しいバグの脅威にさらされている。

     Microsoftは何年も前からWindows 7ユーザーに「Windows 10」へのアップグレードを繰り返し呼びかけているが、多数の消費者や企業はそれらの要請に抵抗しているか、あるいはそれらの要請に気づいていない。

     MicrosoftがWindows 7向けのセキュリティ更新プログラムの無償提供を終了する2020年1月14日以降、同OSを搭載するシステムはハッカーにとって格好の標的になるだろう。

     ロシアのセキュリティ企業Kasperskyによると、中小企業と大企業の約47%、消費者の38%、零細企業のPCの38%は今もWindows 7を使用しているという。

     Windows 7は、2017年5月に約30万台のPCをロックした「WannaCry」の影響を最も受けたバージョンだ。将来、パッチが適用されなくなると、Windows 7は、先頃公表された「ワームに悪用される可能性」のある「BlueKeep」バグやMicrosoftが2019年8月に修正したほかの複数のバグのような脆弱性に対して無防備になる。

     BlueKeepのケースでは、MicrosoftはWannaCryのような事態の再発を防止するため、すでにサポートが終了している「Windows XP」に対してもパッチを提供した。

     多数のWindows 7搭載PCをいまだに利用しているのは、小規模な組織だけではない。WannaCryで大きな被害を受けた英国の国民保健サービス(NHS)は7月、Windows 7を搭載するPCが100万台あることを認めた。

     もちろん、大企業は2020年1月のサポート終了後に延長サポート契約を申し込むこともできるが、端末1台あたり年間少なくとも25ドル(約2700円)のコストが発生する。

     KasperskyのエンタープライズソリューションズマネージャーのAlexey Pankratov氏は、「Windows 7のサポート終了まで6カ月を切っているので、このバージョンがいまだにこれだけ広範に使用されていることは懸念すべき問題だ」と述べた。
    2019年09月02日 09時18分
    https://japan.cnet.com/article/35142049/

    【【PC】企業の半数近くがまだ「Windows 7」を利用--サポート終了は2020年1月 】の続きを読む

    このページのトップヘ