壁ドン速報 (http://todayishappy.2chblog.jp/)

ニュース速報や面白い記事を主にまとめていきます。

    http://todayishappy.2chblog.jp/

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    もとすれ
    1: マーブルキャット(庭) [ニダ] 2019/09/08(日) 16:44:46.37 ID:49Mwen+50● BE:314736534-2BP(6000)
    sssp://img.5ch.net/ico/u_sofa.gif
    鬼怒川温泉に10年以上残り続ける「廃墟ホテル」、解体は「1棟2億円超」で身動き取れず
    「歓迎」の文字残る看板

    8月上旬、東武鉄道の鬼怒川温泉駅前は、日光さる軍団のショーに歓声を上げる子供たちや、足湯でくつろぐ人など多くの観光客でにぎわっていました。駅前のレストランは順番待ちの行列ができています。

    しかし一歩、温泉街に入ると、シャッターを下ろしたままの飲食店や、空き家が目に入るようになります。交通量の多い国道121号沿いを歩くと、はがれかけた看板がかかったままの高層ホテルが現れました。「鬼怒川観光ホテル東館」です。黄色い規制線がはられ、営業していないことが分かります。シャッターには落書きが残されていました。

    さらに国道沿いを歩き続けると同じく廃業した「鬼怒川第一ホテル」「きぬ川館本店」が建ちます。鬼怒川第一ホテルの入り口には、温泉街のホテルでよく見掛ける「歓迎」の看板がかけられたままで、つい昨日まで営業していたかのような印象を受けます。

    すぐ隣の「きぬ川館本店」は、1927年(昭和2年)創業で、「かっぱ風呂」の愛称で親しまれてきました。しかし1999年に30億円の負債を抱え、経営破綻しました。今も看板には、愛嬌のあるカッパの絵が描かれています。この三つのホテルは廃業してから10~20年がたっています。

    鬼怒川の上にかかる吊り橋「滝見橋」に立つと、左手に廃墟ホテル、右手に営業中のホテルが並び、寂しい印象です。地元に長く住むという男性は、老朽化した建物を見上げながら「鬼怒川のイメージが悪くなってしまうので、早くどうにかしてもらいたい。でも、取り壊すには何億円もかかると聞いている」とため息をつきます。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190908-00000830-zeiricom-bus_all

    【【栃木】鬼怒川温泉の廃墟群、費用が高すぎて解体できない。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    もとすれ
    1: アメリカンショートヘア(SB-iPhone) [ニダ] 2019/09/07(土) 15:39:00.22 ID:wbogQYg/0● BE:659060378-2BP(8000)
    sssp://img.5ch.net/ico/jisakujien_5.gif
    現在、何が投資家たちを怯えさせているのか?
    といえば、もちろんドイツ銀行CDS問題である。

    なぜ破綻が避けられないかというと、
    ドイツ銀行が抱えるCDS(債権補償保険=デリバティブ)債務の総額が、
    8000兆円規模で、世界の実体経済総額に匹敵するからであり、
    この補償保険を完済できる可能性がゼロだからである。
    景気凋落による企業破綻が連鎖すると、
    それを保証しているCDS債務が、軽く、地球経済の総額を超えてしまう。

    おまけに、CDS債権保障をしているのは、ドイツ銀行だけでなく、
    世界中の低金利政策に苦しむ数万の銀行が行っている。
    これらが一斉に破綻する可能性が強いのだ。

    画像
    no title


    本当に必要な価値は、
    「食べるもの、飲む水、そしてシェルター」
    だけである。

    物資の流通は、何度も繰り返してきたように、
    オークションや現物交換取引しかなくなってしまう。
    為替が不可能になるからだ。
    つまり、人類史上最悪の試練が訪れると
    私は、これまでも繰り返し書いてきた。

    このとき、人間社会の真実の価値が、
    初めて人々に空気や水のように認識されることになる。
    それは「助け合う仲間」だ。
    人に与えたものが自分に与えられる「因果応報」の世界がやってくる。

    まず、交換価値である通貨がゴミになる。
    輸出入が途絶えて、自給自足でないと食物を得られなくなる。
    自給自足のためにはダーチャが必要だ。
    ただ、日本には豊富な表流水資源があるので、これだけでも本当に恵まれている。
    仲間=友人 人間関係だけが、自分たちを救ってくれる。
    こうした人間社会の原点から、再出発させられる運命なのだ。

    画像
    no title

    【ドイツ銀行がもうすぐ破綻8000兆円の損害 世界の通貨が使えなくなる 食料 水 家を確保せよ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    もとすれ
    1: アンドロメダ ★ 2019/08/28(水) 19:51:18.57 ID:CAP_USER
    ▼クマは超高級ハチミツの味が分かるのか? 野生のクマに格付けチェックしてみた結果がすげええええ

    ハチミツの製造業を営んでいた男性は、養蜂箱を狙う野生のクマの襲撃に頭を悩ませていました。
    しかしある日、彼はクマを利用したとある実験を思いつきます。

    トルコのトラブゾン県で養蜂業を営むイブラヒム・セデフさん。
    毎晩のように小屋を荒らしにくるクマに備えて、彼は数種類のハチミツを入れた容器を並べ、その近くに暗視カメラを設置。

    「野生のクマに味の好みはあるのか」観察実験を行うことにしたのでした。
    するとこのクマは一番希少で一番高価な『アンゼル蜂蜜(Anzer Honey)』を好むことが判明したのです。

    ▼写真 高級ハチミツに首ったけなクマさん
    no title

    https://livedoor.blogimg.jp/yurukuyaru/imgs/7/f/7fb6a82d.jpg

    『アンゼル蜂蜜』は超高級ハチミツとして知られており、1kgあたり約300ドル(約3.2万円)もするほど。
    トルコのアンゼル高原で飼育される蜂から取れるこのハチミツは、様々な種類の花から蜜を集めて作られており、栄養価が高く、健康にもいいとされています。

    イブラヒムさんは容器の並べびを変えたりして何度も実験を繰り返しましたが、クマが最初に選ぶのはいつも『アンゼル蜂蜜』でした。
    一方スーパーマーケットで安く売られている低品質なコーンシロップなどには、見向きもしなかったそう。
    野生の動物であっても、味の良し悪しはしっかりと分かっているようです。

    ▼動画
    https://youtu.be/_ov5dEBgRkQ

    ググって最初に出たアンゼル蜂蜜は1kg9.4万トルコリラ(17万円)だったw

    http://yurukuyaru.com/archives/80816021.html
    https://www.boredpanda.com/big-boy-bear-honey-anzer-test/?utm_source=google&utm_medium=organic&utm_campaign=organic
    https://imgur.com/gallery/QJ2wALX
    https://www.trtworld.com/video/newsfeed/turkeys-winnie-the-pooh/5d5d46b804fa2f41c1ddd4a5


    【【生物】養蜂家、野生のクマにハチミツの味の良し悪しが分かるのか実験→超高級品のアンゼル蜂蜜を選択、安物は無視[08/28] 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    もとすれ
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2019/09/07(土) 16:05:40.70 ID:CAP_USER
    秋山文野 | フリーランスライター/翻訳者(宇宙開発)
    9/7(土) 6:50

    2019年9月7日、インドが月の南極域への着陸探査を計画していた探査機チャンドラヤーン2は、ヴィクラム着陸機が月面への降下を開始してからおよそ22分後に探査機との通信が途絶えた。インド宇宙研究機関ISROは、着陸機との通信が途絶えたことを認め「データを解析中」とコメントした。

    7日早朝からインドの月探査機Chandrayaan-2(チャンドラヤーン2)の着陸機Vikram(ヴィクラム)による月の南極域着陸を実施していた。ヴィクラム着陸機は、降下開始から22分ほどは順調に降下を続けていたが、「ファイン・ブレーキング・フェーズ」と呼ばれる減速中に通信が切断された。ISRO管制室のモニターには、探査機が計画の軌道から逸脱したと見られる様子が表示されている。

    ISROのツイートによる発表では「ヴィクラム着陸機は高度2.1キロメートルまで正常に動作し計画通り降下していた。その後、着陸機と地上局との通信が途絶えた。データを解析中である」としている。

    ヴィクラム探査機の着陸を管制室で見守っていたナレンドラ・モディ首相は、探査機チームを祝福してすでに退出しており、探査機との通信回復や着陸再開の見込みは低いと考えられる。降下中の通信途絶は、着陸機の月面衝突を反映したと考えられ、着陸失敗の可能性が高い。

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    https://news.yahoo.co.jp/byline/akiyamaayano/20190907-00141595/

    【【宇宙開発】 インド月探査機チャンドラヤーン2、降下中に通信途絶 2019/09/07 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    もとすれ

    1: 一般国民 ★ 2019/06/28(金) 02:15:47.39 ID:CAP_USER

    女性の写真を1クリックで裸にしてしまう「DeepNude」が登場
    https://gigazine.net/news/20190627-deepnude-ai-undresses-photo/
    2019年06月27日
    GigaZiNE

    ※ソース閲覧注意

    【科学(学問)ニュース+】

     AIを用いて有名女優のポルノ映像を作成するという「フェイクポルノ」が2017年末から2018年にかけて大流行しましたが、
     これと同じようにAIやニューラルネットワークを用いることで、
     女性の写真から服だけを削除して裸にしてしまうという凶悪なアプリケーション「DeepNude」が登場しています。

     DeepNudeは服を着た女性の写真から、服部分だけを削除し、胸や外陰部がはだけた裸の写真に変換してしまうというもの。
     女性の写真のみ変換可能で、実際にDeepNudeを使用したというIT系ニュースサイト・Motherboardは、
     「服を着た状態の女性でも成功するものの、肌の露出が多い写真の方がより効果的にヌード写真に変換できた」と記しています。

     フェイクポルノはAIを使ってムービー内の人物の顔を違和感なく別の人物に入れ替えることができる技術「DeepFake」を用いて作成されました。
     しかし、今回作られたDeepNudeは「DeepFakeよりも使いやすく、作成も速い」とのことで、より凶悪なフェイクポルノが生まれる可能性があります。

     DeepNudeはダウンロード版のアプリと、オンライン上で試し使いできるデモ版があります。
     記事作成時点ではダウンロード版アプリは「メンテナンス中なので12時間後にもう一度チェックして」と表示されダウンロードできません。

     リベンジポルノ活動団体であるBadassのカテリン・ボーデンCEOは、
     「これはとても恐ろしいことです。裸の写真を撮ったことがなくても、誰でもリベンジポルノの犠牲者になる可能性があります。
      このような技術は一般向けに公開されるべきではありません」
     と語っています。

     メリーランド大学のロースクールに勤めるダニエレ・シトロン教授は、
      「(DeepFakeやDeepNudeのような技術は)性的プライバシーの侵害です」
     と語っています。
     加えて、
      「本物の陰部が写っているわけではありません。
       しかし、他の人たちは(DeepNudeが作った裸の写真を見て)あなたが裸になったのだと思うでしょう。
       DeepFakeの被害者たちは私に『何千人もの人々が自分の裸を見て、自分の体はもはや自分のものではないかのように感じた』と語りました」
     と述べています

     DeepFakeが公開されたのは2019年6月23日で、無料でダウンロードできるアプリ版には大きなウォーターマークが埋め込まれるようです
     しかし、50ドル(約5400円)の有料版ではこのウォーターマークが消え、代わりに画像の左上に「FAKE(偽)」という文字が追加されるのみとなります
     この「FAKE」マークは画像の左上に表示されるだけなので簡単に切り取り可能であり、Photoshopで削除することも容易とのこと

     Motherboardはテストとして10人以上の男女の有名人を裸に変換しており、結果は写真により異なるものの、
     カメラの方を向いたビキニ姿の女性の写真は特にうまく裸に変換できたとしています
     Motherboardによれば、DeepNudeのアルゴリズムは「衣服の下にある胸の角度から、乳首の位置や影を正確に補完します」とのこと
     なお、Motherboardはうまく裸に変換できた事例として、
     テイラー・スウィフトやタイラ・バンクス、ナタリー・ポートマン、ガル・ガドット、キム・カーダシアンなどの写真を公開しています

     ただし、低解像度の写真や漫画のキャラクターなどではうまくいかなかったようです

     MotherboardはDeepNudeの開発者である「アルベルト」を名乗る男性と連絡を取ることに成功
     アルベルトさんは2年前の2017年にGANsなどの技術を知り勉強を始め、
     カリフォルニア大学バークレー校が2017年に開発したpix2pixをベースにDeepNudeを開発したとのこと。
     DeepNudeのアルゴリズムをトレーニングするために、1万枚以上の女性のヌード写真を用いたとも語っています
     アルベルトさんはDeepNudeの男性版も開発予定としながら、男性の場合はインターネット上でヌード写真を見つけづらいのが難点だとしています

     アルベルトさんは「ネットワークは多角的なものであり、それぞれが異なるタスクを持っています
     ひとつは服を認識し、ひとつは服を消し、ひとつは服をはがした際の乳首などの位置を推測し、ひとつは裸をレンダリングする」と語っており、
     この複合的な処理により変換に時間がかかるようになっているものの、いずれは処理を高速化していく予定とのこと

    ■■以下略、続きはソースをご覧ください

    【【AI】女性の写真を1クリックで裸にしてしまう「DeepNude」が登場[06/27] 】の続きを読む

    このページのトップヘ